はなかさね 美しい名と意味を持つ衣の「襲」の色あわせが、現代の装いを一段と引き立てて。

季節、感性、知性をも表す「襲」の奥ゆかしい美しさ

季節の花の色彩を映した「襲(かさね)」の色あわせをジュエリーに。石達の「かさね」が見せる表情は、受け継がれてきた美しい名にちなんでいます。

重なり合う色彩

華麗な平安時代の十二単に代表される「襲(かさね)」は、季節や行事、相手に応じて衣のあわせ色を選ぶ、京都で発展した美的文化。重ねた襟や裾にのぞく艶やかな色彩を、ジュエリーのグラデーションで表現しました。

曲線へのこだわり

着物の襟がすんなりと馴染むかのように、すっと首に沿って流れるネックレスの曲線に、徹底したこだわりが込められています。胸元で襟が重なるデザインによって、着物の襟を表現し、後ろ姿の美しさも叶えています。

はなかさねコレクション